カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

カラー 冊子 製本 業界 最安値

用紙について

★コピー用紙(当店のコピー、プリントサービスで使用する用紙です。)

一般的にオフィス(コンビニ)で使用されている出力用紙です。メーカー、商品名によって白色度(白さ)が違います。
当店で使用する用紙はメーカー純正品で厚さは約0.08mmになります。

★上質紙

コピー紙に質感が近く厚みのバリエーションがある用紙です。両面ですと70K以上の用紙がお勧めです。表面に光沢がないので温かみのある表現物に適しています。(当店の商品の製本無料サービスで使用する用紙です。本身【本文】は70kg、白色の表紙をお選びの場合は135kgの上質紙を使用します。)

★色上質紙

用紙自体に色がついている上質紙です。(製本無料サービスの表紙には、上質紙135kg、色上質紙最厚【上質の135kg相当】 空、うぐいす、クリーム、コスモスの5種類からお選びいただけます。)

空 色製本表紙色上質紙空色   若 草製本表紙色上質紙若草色  クリーム製本表紙色上質紙クリーム色  コスモス製本表紙色上質紙コスモス色

★コート紙 (当店サービスではお選び頂けません。)

紙の両面にコート剤を薄く塗布されているので光沢があります。彩度が高くカラーの再現性に優れています。(新聞などのちらしで表面がツルッとしているものをイメージしてください)

★マットコート紙 (当店サービスではお選び頂けません。)

コート紙同様にコート剤が塗布された用紙です。コート紙ほど光沢はありませんが、落ち着いた高級感のある仕上がりになります。

用紙の厚さについて

紙の厚さは基準になる大きさ(四六判788弌1091弌1000枚の紙の重さで表します。その為、用紙の種類が違うと同じキロ数でも厚さが変わります。

コート(マットコート)紙は上質紙に比べ一枚あたりが重いため同じ90Kでも厚さは薄くなります。

 上質紙 厚み コート紙 厚み
 上質55kg 0.07mm
 上質70kg 0.09mm
 上質90kg 0.11mmコート90kg 0.08mm 
 上質110kg 0.14mmコート110kg 0.10mm
 上質135kg 0.16mmコート135kg 0.13mm

上質55Kは一般的なコピー用紙の厚さに近いので基準にしてもらうと分かりやすいと思います。

※当店コピー、プリントサービスでは指定コピー用紙を使用します。
※当店製本サービスで使用する表紙は135kg相当の厚さになります。中身は上質70kgを使用いたします。

製本について

★当店の製本サービスは全て無線綴じになります。

★本文用紙枚数350枚以上はご対応できません。(片面で350頁、両面で700頁までになります。)

表紙は上質135Kか色上質最厚口(4色)、本文は上質70Kになります。用紙についてはこちらをご参照下さい。http://www.color34.com/hpgen/HPB/entries/8.html

綴じ側は長辺(用紙の長い方の辺)側のみのとなります。短辺側の綴じには対応しておりません。(下記イラストは左綴じの場合です。)

※データ原稿の場合はプリント時は印刷領域内に縮小(96%)プリントし余白部分を綴じ代、仕上げ断裁領域にしますので予めご了承下さい。

※コピー原稿の場合は解像度600dpiにて一度スキャニング(写真データ化)してレイアウトいたします。天地左右はコピーと同様に5mm程印刷不可領域がございますので予めご了承下さい。

製本の解説

※上記の場合の金額は 原稿21枚(片面換算・表紙含む)x@16円/頁=336円/冊 になります。

  • おもて表紙(上記イラスト参照)のみ印刷の対象になります。
  • ご入稿いただいた原稿の1ページ目が表紙なります。
  • 表紙データを別でご入稿いただくことも可能です。

※当店通常サービスでは表紙裏や裏表紙、背文字などは入りませんので予めご了承下さい。必要なお客様は20部以上からご相談を承っております。(別途料金を頂戴いたします。)

カラー冊子 無線綴じ

糸や針金を使わないで、本の背を糊で固めて綴じます。厚みのある本によく使われます。テキスト、報告書などによく使われます。中綴じ・ホチッキス止めなどに比べ高級感があります。

【参考】その他の製本方法

★中綴じ(当店サービスにはございません)

中綴じ

2つ折りした印刷物のセンター2箇所をホチキスで止めたもの。左右に大きく開くのでパンフや会社案内によく使われます。

★ホッチキス止め(当店サービスにはございません)

ホッチキスで綴じ側を止めたもの。企業の社内用やプレゼン用の配布資料などでよく使われます。

PDFデータのフォント埋め込み確認方法

AcrobatReader・Acrobatを使ったフォントの確認方法

‐緝凜瓮縫紂璽弌爾茲蝣プロパティー を開く

アクロバット プロパティ フォント

∧絃呂離廛蹈僖謄ーが開くのでフォントタブを選択

(1)
のように各フォントの後ろの部分が(埋め込みサブセット)になっていればフォントが埋まっています。

PDF フォント 埋め込み 確認



(2)のようにフォントが埋まっていない場合は(埋め込みサブセット)の文字が表示されません。

フォント 埋め込み 不可 

フォントが埋まっていないときは「PDFデータの作り方」を参照してください。








ページトップへ